フリーター 飲食業界 正社員就職

フリーターが就職するために必要な事

フリーターが就職するために必要な事

当サイトでは現在、就職活動中のフリーターさんへ就職活動のポイントや就職するために必要になる事をご紹介しています。

未経験・フリーターから飲食業界へ就職

ここでは私がフリーターから正社員就職をした時のお話をご紹介しています。

大卒で営業職に就職する事ができた私ですが、毎日の残業と過酷なノルマに耐え切れずに半年でその会社を辞めてしまいました。

周りからは「営業の仕事はそんなもんだ!」「せっかく就職できたのに入社早々に止めるなんて・・・」など言われましたが実際に働いているこちらとしては本当に辛い毎日だったんですね。

はじめはそこそこの大きさの企業だったので安定して働けるかと思っていましたが現実はそんなに甘くなかったですね。それに営業の仕事はそこまでしたくなかったというのが事実で本当は他にもやりたい事があったんです。

それは飲食業界でのお仕事。

居酒屋とかチェーン店とかではなく、イタリアンやフレンチなどの専門店で料理の勉強や経営の勉強をしたかったんです。しかし、就活中に飲食業界の悪い話ばかり聞いてしまったという事と大卒から飲食業界に就職を親に猛反対され、飲食業界に就職する事を断念。

結局、営業のお仕事に就いてしまった訳です。

未経験だから仕事への熱意をしっかりアピール!

仕事を辞めた時点で次こそ自分が本当にやりたい事をやろう、飲食業界に飛び込もう、と決心。

ただ、前職で肉体的にも精神的にも疲れてしまった私はそこから約1年間、働きもせずフリーターとして過ごします。

身体の疲れ、精神的なダメージが言えてきた頃、ようやく重い腰があがり就職をしようと決めました。

この時、飲食業界での経験がない状態から就職できるのかすごい不安でした。

求人を見てみると多くの飲食業界の求人を見る事ができました。自分が就職を望んでいる専門店の求人も見つける事ができました。

しかし、専門店の求人になると経験者を優遇している求人が多かったんですね。中には未経験を歓迎している求人もありましが、きっとその求人には経験者も多くエントリーしているんだろうなと思うと本当に未経験からでも就職できるのかという不安は増々大きくなりましたね。

でも、その時の私には若さと仕事への意欲がありました。

本当に飲食業界で働きたいという熱意をお店側に伝える事ができれば未経験からでも採用してもらえるんじゃないかと思い、就活をスタートさせました。

大学時代に行っていた就活を思い出しながら、そのお店や企業の事を入念にリサーチをして本当に自分のやりたい事ができるお店なのか、安心して働き続ける事ができるお店なのかを一つひとつ見極めていきました。

志望動機や自己PRもエントリーする求人一つひとつに合わせたものを作成し、仕事への熱意とそのお店で働きたいという熱意、そして飲食業界で働きたい熱意が伝わるような志望動機、自己PRを作成しました。

書類選考は無事に通過する事ができ、いよいよ面接です。

この面接をクリアする事ができなければ採用をもらう事ができないので面接対策もしっかり行い、万全な状態で面接に挑みした。

どんな質問がきても答えられるようにい答えいくつか用意して、もし用意していない質問がきても率直に思った事を素直に答えようと決めていました。

面接では比較的、良い雰囲気の中行われていきました。オーナーとの1対1の面接で最初に就職した企業とは全く違う雰囲気の中で面接を行う事ができました。

短期間ですが営業経験があるという事で言葉遣いや話し方、立ち振る舞い方なども習得していたのでこの時にはオーナーにも良い印象を与える事ができたと思います。仕事への熱もしっかり伝える事ができたと思います。

そして、面接の最後に「未経験からだと大変な事が多々あるけどしっかり乗り越える事ができる?」と聞かれ、「はい!頑張れます!」と二つ返事で答えて面接は終了しました。

そして、次の日ですね。早速、オーナーから連絡があり、正社員として採用をもらう事ができました。

自分が本当にやりたい事を仕事にすると仕事が楽しくなる!

入社後、確かに大変だと感じる事は多々ありました。料理の知識や技術、扱っている商品のレシピや知識、接客など覚えないといけない事は山ほどありました。

できるだけ早く仕事を覚えたくてほとんど毎日が残業でした。しかし、営業の仕事をしていた時とは全く違うんですね。仕事が楽しくてしょうがないんです。残業をしていてもあっという間に時間が過ぎていき、まったく苦にならないんですね。

自分が本当にやりたい仕事をするとここまで仕事が楽しくなるなんて思ってもいませんでした。今もまだ修行中ですが、立派な料理人になれるようにこれからもがんばっていきたいと思います。

職歴なし 20代後半 就職サイト